<<01  2018/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
タルト 3歳



お誕生日をちょっとすぎた休日に…
タルのお誕生日ディナーをしてやりました。

もちろん、タルのものはそらのもの~なのでそらも一緒(お部屋は別々(笑)



いつもいつも心配してくださってるタルトの兄弟のママのお心遣いで届いたウマウマと供に。

ちょっとやっぱりぽっちゃりしちゃったので、
ノンカロリーな寒天でケーキ作ってやりました。

ここはお約束の タルト仕立てで(笑)

プレートディナーにする時のお楽しみ…
『何から食べるのか?』




タルちゃんはケーキをまず丸呑み
一応、手間暇かけて作ったんですけど。。。
味わってちょーだい

動画貼り付け。

そらはなかなか面白い。
おやつなら手ごとガブーって食べにくるのに、
プレートディナーにするとちょっと控えめ。
しかも、お肉とかケーキではなく…まず野菜(笑)
そして三角食べなんかもしちゃったりして(笑)
見てて面白い(笑)



動画貼り付け


FBに上がってくる過去記事…
去年の福山から1度デビューしたんだって。
やっとまともにコース走れるようになって一年で引退だなんて、やっぱり切ないな~と思ってしまう。
意欲もあって、楽しそうで、バー落下もしないこだったんだもん。まだまだ、やりたかった~←と時々未練がのぞく(笑)


今のタルト。
お散歩は普通に、階段の上りがないコースを選んで速歩な30分以上を出来るだけ歩かせてます。
(私の仕事時間によって短い日もあるけど)
油断して道端に寄ったら、真冬の側溝で水遊びなんてされた日もあって…
(帰ったら濡れた服、凍ってた
そんな日はちょっとはしゃぎ過ぎて、寝起きのびっこがひどく出ちゃったりもありますが、薬は飲まず暮らせてて…
(跛行は一瞬だけのことだから、飲ませるべきかの判断に迷うんです)

お散歩の距離が伸びただけでルンルンしてくれてるし、参加したクリッカーレッスンでもウハウハしてたから、きっとタルちゃんはアジじゃなくても何かできるってことだけで楽しいんだよね~と言うことは、見ていてよくわかる(笑)

だから、もうちょっとアクティブに動けるようになったら、あちこちお出かけするぞーとも思う。
今までは 練習を取るか?お出かけを取るか?天秤にかけて…出来るようになる為には、練習しなきゃ無理って思ってレッスン第一だったけど、
これからは時間にとらわれず遊べると言うことで(笑)

3歳のタルトも、出来る範囲で挑戦して、
可能な限り遊びまくって楽しい3歳にしてやろう!
タルトの問い合わせ その2


1月17日…タルト3歳の誕生日。
(お誕生日っぽいことまだしてないのでw楽しい記事はまた後ほど)

本来なら遊び盛り、思い切り走り回ってヒャッホーな年齢。。。
親分としてはとても切ない気持ちで迎えてしまったタルちゃんのお誕生日

せめてちょっとくらいは楽しいことを!
と思い、お友達のお家へお邪魔してきました。

タルちゃん、久しぶりに会うお友達ママに大興奮して大喜び
「タルちゃん」って言われるだけでチューしにいくし、
目がチラッとでも合うだけでチョップ食らわし飛びついて大喜び(笑)

見た目はとっても元気なんだよな~って思うんですけどね(^_^;)
相変わらず、寝起きの跛行は治らず。
痛み止めによる対症療法で様子を見る1カ月が終わったので、名古屋の病院に報告と、今後のことについての問い合わせ
とてもお忙しい先生なので、いつも折り返し電話は夜にかかってくるのだけど、
この日はいつまで待ってもかかってこず。。。

いつも聞きたい質問をスタッフの方に伝えておくので…
タルのデータを見ながら検討するのに時間がいるんだろうな~と思ってました。
休診日に突入してしまったので、休み明けにもう一度電話をかけてみました。
(新たに聞きたい質問が浮上したのでそれも伝えておく)

すると、夕方…お家にたどり着く一歩手前でかかってきた
バスの中だった為、5分後に折り返させてもらうことをお願いしてダッシュで帰り電話。

電話をかけるとワンコールで院長が出てくださった。
本当に電話の前で待っててくださった感じで申し訳なかったな(^^;;

タルの状況はスタッフさんに伝えてあり、先生にも伝わってるようだったけど、もう一度詳しく状況を伝えた後、ひとつひとつ説明してくださった。

私はタルトの跛行は左足のみなので、膝の方が悪いんだと思い、膝のことに関して色々と調べていました。
それによると、パテラで、前十字靭帯を痛めてる子は…パテラがあることで前十字靭帯の損傷が悪化しやすいということ。
悪化すれば今度は、半月板の損傷にもつながること。
パテラもグレードが上がれば、手術しても効果が出なくなってしまうこと。
などがあって…もたもたしてるうちに酷くなるんじゃないかということが心配でした。

先生が言われたのが、タルトは12月に診ていただいた時の触診で1番痛がっていたのは腰だったんだそうです。
膝にも違和感は感じているようだけど、1番痛みを感じてるのは腰仙椎だと。
今の跛行の原因が、腰からなのか?膝からなのか?見極めるために、痛み止めを飲みながら経過を見たかったのだと言われていました。
痛みが腰からだったとしても、片足だけに跛行が見られることはあり得る話だそうで…

パテラがあることで前十字靭帯が悪化するということは内方脱臼の子にはあることだそうですが、
タルトの場合は外方脱臼の方だから、前十字靭帯の損傷とは全く関係がないのだそうです。
そして、コーギーとダックスの場合、部分断裂したまま悪化しないまま暮らせることも多いから様子を見たいのだといわれていました。
もし仮に、部分断裂から完全断裂に移行した場合は手術するし、
その手術が遅くなったとしても、術後の経過は全く変わらないから心配ないよってことも。
↑それを聞いて私、とってもホッとした^^

そして先生は、
私がタルトはまだ若くて遊びたい盛りの子なので、
普通に走ったりできるところまで治してやりたいという気持ちを汲んでくださっていて、

跛行が腰からの原因なのに、膝を手術してしまっても意味がないことになるので、
タルトが今後あと10年は元気に暮らしていけるようにしてやりたいから、
焦って誤った診断をしないためにも経過をみさせてくださいと言ってくださいました。


痛み止めを飲みながらの一か月が終わり・・・
「タルト、飛びついたりしますか?」って聞かれたので、
「普通に飛びつきます! 油断すると切れ走りも始めるのでやめさせるのが大変で」
っていうと、(痛ければ飛びつかないはずだから)
「運動制限を日常レベルまで戻して様子をみましょう!」
ということになり・・・
ボール遊びと階段の上りはまだダメだけど、
お散歩の距離を伸ばしたり、ランニングを少しずつ取り入れたりしてみて悪化するのか?変化なしなのか?を見てみることに。

先生はいつも、遠いから・・・ってことを気にしてくださってる様子だったので、
必要ならばもう一度そちらに伺えます!っていうとホッとされた口調で^^;
「運動制限を戻して一か月ほど様子を見てから・・・2月下旬か3月上旬あたりに診せてください」ってことに。
(絶対 遠隔での診断って先生としてみたらしたくないよなって思ってました^^;)


実は私・・・
手遅れになってはいけないと思うがあまり、ほかの病院へ行くことも視野に入れて動いていました><

が、今回、より詳しく話をさせてもらえたことで、
私がタルトを元気に走り回れるようにしてやりたいと思う気持ちと同じように、
先生もタルトを治してやりたいと思ってくださっていることを身に染みて感じたので、
タルトをお願いできるのは陰山先生しかいないと思いました。
簡単に通える距離ではないけど・・・頑張って連れていく甲斐はかなりある!!

そして いつも電話をして思うのだけど・・・
私が質問したいことの一言一句、ちゃんと先生に伝わってるんです。
一言一句聞き漏らさないようにメモに取って伝えてくださるスタッフの方、ほんとにすごい!!
わんこを大事に思ってくれて、わんこを思う飼い主の気持ちも大事にしてくれるあの病院に感謝です。

まだまだ復活への道のりは長いかもしれないけど、前進したことは事実!!
これはタルちゃんへのお誕生日プレゼントになるかな?


はじめの一歩

一喜一憂はしないって思ってても、
ついつい 調子が良さそうなタルを見て嬉しくなって…
怪しい動きを見てショボンとなる。。。

痛み止めを飲ませるか、休憩するかの判断も全て私がしなきゃいけなくて、私にしかわからない事だから…
気を抜いてる時の動きを、
座り方、寝方、伸びの仕方や立ってる姿勢、歩き始めの一歩をさりげなく見てないフリして見る毎日。

ネットでパテラのこと、関節炎のこと、前十字靭帯のこと色々調べたり…
タルと同じような症例がないかを調べたり…
なんか私、少し賢くなった気がします。
というか、何度も何度も調べてみてやっとタルトの体に起こったことを理解できた気がします。



ただ・・・私に染み付いた習慣はなかなか抜けず、
この年末年始は正直きつかった><

週末はアジ練。
年末年始もアジ練三昧だった私・・・
これはうらんの時からだから10年以上も続けてきた習慣。
いきなり行かない年末年始、しかもまだお出かけもできずつまんないお正月に慣れなくて、、、

タルトとは10歳までとは言わないけど、8歳くらいまではアジを楽しめると思ってたし、
そらとはなしえなかった目標をタルトと達成するぞって思ってたことが全てなしになって・・・
もうアジしないのか~ってしみじみと感じたお正月・・・心の葛藤がね^^;

そんなこと思ってると、FBで上がってくるアジ動画見れなくなって ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
年明けたらグランドに顔出そうって思ってたこともできなくなって、
なんだかとっても投げやりな 腐ってる状態でした (6 ̄  ̄)ポリポリ


が、なんだか神経質になってる自分に疲れてきたので・・・
もうちょっとラフに考えてみよう!と思い、
調べると関節炎は安静にしすぎることも良くないって書いてあって・・・
タルちゃんかれこれ 痛めてから2か月・・・
内科的治療初めて3週間。
そろそろ少しだけ道路散歩させて様子見てもいいんじゃないか?と。
お薬止めてみて、道路散歩してみて調子悪くなるのか?
もらったお薬15日分飲んだので、炎症も治まってきてるかもしれないし?
相変わらず跛行は寝起きの数歩だけ。
砂かけ行動も普通にするし、歩き方にも違和感なし。
おしっこだって左足を軸にしてできてるし、ほっとけば切れ走り始めちゃうし。
痛いんじゃなくて動き始めが動きにくいってことかもしれないし?
って思って、少しずつお散歩距離も伸ばしてみてますが、
アンヨ、悪化してる様子もなく タルちゃん ケロッとしてて普通。


ということで、ちょっとグランドに用事があったので、
思い切ってそらとお散歩で行ってきました!
実は入口の上り坂で引き返そうかと一瞬思ったのは内緒(笑)
みんなが心配してくれてること知ってるので、やさしい言葉かけられるとダメだ~って思ってたので^^;
でもでもみんな、いつも通りな感じでいてくれたから逆に良かった(笑)

連れてったそらはおやつもらってご機嫌さん。
そらにも走らせろーって文句言ってたけど(笑)

タルちゃんが良くなってきたら、
せんせーにお願いして取り組みたいことがあるので・・・
グランドにまたタルトと通いたいんですよね~^^

オビってオビって・・・個人プレー感があって孤独って感じがするのが嫌で^^;
お友達とあーでもない、こーでもないって言う楽しみが欲しくって探していたら、
楽しくできそうなオビ見つけたからそれに挑戦したくって!
まだまだアジほどメジャーじゃないから、西日本での大会はほとんどないけど^^;

私とタルトで流行らせてやるーーーー!!
くらいの意気込みで頑張りたい(笑)



人の温かみにに触れた今回・・・


タルトのことでは、ほんとにたくさんの方々から気にかけていただき、LINEやメッセージをいただきました。

タルトは…というか、私ですね^^ 皆さんにたくさんご心配をおかけしてるのだな~と。
気にかけてくださっていることにほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。


もう吹っ切れた!!っと思っていたのにじわじわと。。。
やっと実感が湧いてきたんだなって感じで・・・
いつもなら年末は仕事納めをしたら、アジレッスン三昧だった私が、
グランドへ行く用事もなく、家にいるという事実がずしんと^^;
慣れるまでまだ時間がかかりますね(笑)


タルトをブリーダーさんにお願いした時、
「アジリティーするならボーダーやシェルティーの方がよくないですか?」って言われたけど、
「私はコーギーが大好きなので、無理のない範囲で、怪我をさせてまでやるつもりはないんです」
って説得してお願いした経緯があって、
これは私が勝手に思う、 ブリーダーさんとの約束事だった。
だからここがやめ時だってことで決断したこと!!

心配してくださる方、誰に話しても、
タルトのこれからが大事だからと、私の決断は正しい判断だって言ってもらってちょっとホッとしてます。

気がかりだったことの一つに、
アジをしたことであちこちに不具合を起こさせてしまったんじゃないかと思っていたこと・・・
パピー時代に気を付けていたつもりでも、無理をさせたのかなと心配だったこと・・・

腰仙椎も膝も…これはタルトが生まれつきもって生まれたものだったようで、アジのせいではなかったそうです。
って言われると 少し気持ちが楽になって前向きになれたんですよね^^;


タルトには、私とやることはなんでも楽しいことなんだよって育ててきたつもり。
だから それがアジじゃなくても、なんでも楽しんでくれる子だと思ってます^^
特にタルちゃん、人も犬も大好きなので、視線を感じただけで「僕のお友達♪」って尻尾ブンブンふって喜ぶような子なので、
楽しいことはいっぱい見つけてやれると思っています。

これからやってみようと思うことに、
クリッカー、オビがあって、
オビは私に苦手意識があって力を入れてこなかったことだけど、
私が オビって楽しいなって思えるような…プレッシャーをかけないで楽しく楽しめるオビをやってみたい!って思ってます^^

そのオビにはクリッカーを使ってみたいってのがあって、
コマンドの聞き分けとかもできるように教えてみたいなって^^
オビもクリッカーも奥が深そうなので、尻尾ブンブン振りながら、タルトとも楽しめそう!!
で、オビならグランドにレッスン受けに行く用事もできそうなので、
それなら 大好きなタルトのお友達たちに会うこともできるしって思ってます。


っが、まずは足を治すこと。

結果を聞いたときには、消化しきれず何を質問していいかもわからず、
言われるがまま聞いて帰ってきてしまったので・・・

色々と調べて理解して、そのうえで浮かんだ疑問と確認事項を電話で問い合わせ。

今やってる痛み止め治療はいつまですると考えていたらいいか?
「痛み止めがなくなったらかかりつけ医で処方してもらってください」って言われていたのだけど、
これはいつまで続けるの?って確認したら、
とりあえず一か月とのこと。

痛み止めを5日飲ませ、やめてみて跛行しなければやめたまま・・・
跛行があればまた飲ませて・・・の繰り返し。
が、タルト、止めると次の日の夜には寝起き3歩の跛行がでます(´;ω;`)ウッ…

靭帯は時間がかかるのだそうだけど・・・
やっぱり跛行がまた出ると 私がしょぼんとなる。
薬で治らなかったら・・・手術は難しいといわれてるけど・・・どうなるんだろうと。。。
跛行が出るってことはなにかしら痛みがあるということなんだろし、
この処置を一生続けるわけにはいかないと思うし。。。

思う存分走ったりさせてやりたいし・・・となかなか思うようにならないもどかしさでモヤモヤ><

タルちゃん本犬はケロッとしてて・・・
寝起き3歩以外はいたって普通なので、お散歩置いてけぼりに大泣きしてます^^;

タルトは別メニューで公園散歩してやるのだけど、引っ張らないようにとか制限があってなかなか大変><

全ては完治させるため!!頑張りたい!!
が、治るんだろうか・・・と不安は山盛り。。。



タルトの検査結果



タルトの検査結果の順番が来たのは15時過ぎだったかな?

待つ間・・・ほんとにドキドキ。
何があってもそれは仕方ないのだと心には決めていたのだけど・・・
原因を解明するために来たのだから 解明できるだけで十分だっとは思っていたけど、
やっぱりドキドキでした。

タルトの名前が呼ばれ、診察室に入ると、今回お会いしたかった陰山先生が待っていてくださった。
タルトの姿はなく、まずは飼い主に結果の説明なんだなと思った。

レントゲン写真がずらっと並び、とりあえず座ってくださいと椅子をすすめられた。

陰山先生は、とても分かりやすく模型を使って説明してくださった。
聞きなれない言葉の羅列に聞くのがやっとだったな。

タルトには、
腰仙椎には圧痛と不安定症が。
両ひざには 膝蓋骨外方脱臼(パテラ グレード2)と前十字靭帯部分断裂の可能性が。
そして 椎間板には一部が石灰化しているとの診断だった。

椎間板は、一番ヘルニアになりやすい箇所が石灰化し始めているそうで、
これはタルトの体質なのだそうだけど、
今後ヘルニアになるリスクを普通の子より持っているということになるのだそう。
ただ・・・将来的にヘルニアになるかもしれないし、ならずにすむ場合もあるけど、注意しておく必要があると。

腰仙椎の圧痛は、最後にタルトを連れてきて触診してみせてくださった。
腰の凹んだ位置を軽く押しただけで、今まで聞いたこともなかったのだけど、「キャイン」って泣いたんです。
圧痛は圧迫してる骨を取り除くことで痛みを取ることはできるんだけど、
タルトの場合は不安定症という、骨盤がぐらぐらと不安定なのがあるので、
骨を取り除くことでさらに不安定になってしまい、今度はその不安定をボルトなどで固定しないといけなくなるんだって。
固定したら固定したで他への弊害がでるので できればしたくない手術ですと言われました。

膝のことも、前十字靭帯だけなら手術で治せることなのだけど、外方脱臼もあって、
しかも タルトの膝の形はちょっと独特らしく、合併症のリスクも高くなってしまう難しい手術になるから、
これもできる限り避けたいと。。。


今の跛行は、仙椎と前十字靭帯部分断裂からの痛みだと思われていて、
伸展痛があることと、若干レントゲンに写っている関節炎の所見があることからもおそらくそうだろうと。
それに対して、痛み止めを飲ませて炎症を抑えて様子を見るという治療となりました。


そらは、歩き方も偏りがあったり、猫背だったりと気になるところはあるけど、
それに比べてタルトは歩様も綺麗だし、背中もまっすぐで姿勢もよくて・・・
悪いところなんてないって思っていたので、結果を聞いてかなりのショックを受けました。

本当はまた元気になってアジリティーを再開するぞ!って思っていたのだけど、、、
これだけのあちこちにいろんなことが見つかって、知ってしまった以上、
私は走るたびに心配して、スラロームなんてさせられないし、Aランプなんて怖くて上がらせられないなって思った。
心配で気になって、心からアジリティーを楽しむことはできないなと思った。
これはどう考えても、タルトのためにやめなきゃいけないって思ったのでした。。。

帰り道・・・さっき聞かされた現実がやっと理解できたというか、、、
涙が込み上げてきたら止まらなくなって(運転してたからアブナイアブナイ(^^;)

運転を代わり、心配してくれたお友達からのLINEにひとつひとつお返事を書きながら、
心の整理をする。

ほんと、久しぶりにめちゃ泣きました^^;

私は何がそんなに悲しいんだろう?って考えてみたら・・・

まずはアジリティーから離れてしまうこと。
仲間たちと検分でワイワイできなくなることが悲しかった。

それから、タルトが大好きなお友達たちに会わせてやれなくなることがかわいそうって思った。
そして、椎間板だけは体質です!って言われていたけど、
仙椎は?膝は? アジリティーをさせたせいでなったのかなってことが心配だった><



でもこれはどうやっても、
まだ若いタルトの将来を台無しにするわけにはいかないので、
アジリティーをやめる以外の選択肢はないのだということは自分で決めたので、
気持ち切り替えるしかないのだ!!

そして、今の症状をなんとしても治して・・・
普段の生活に支障がないところまで、
ボール遊びをしたり、山登りに行ったりしたい!

アジリティーだけが全てじゃないから、できないことを嘆くより、
新しい道を見つけてやる!! 苦手なことにも挑戦する!!

すべては足を治すことから!
そこに専念しなくてはと心に決めたのでした。




プロフィール

nao

Author:nao
親分・・・アトム改めnao(♀)

子分1 うらん(♀)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  1999.6.1~2014.9.3
     (DMかな?
      老衰かな? 15歳3ヶ月没)
出生地  呉市

子分2  そら(♀)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  2008.8.24
出生地  サクラソーケンネル
     ユウジパパ×ローズママ

子分3  タルト(♂)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  2015.1.17
出生地  バーミーウィンズ
     ディランパパ×ソフィーママ

フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる