FC2ブログ
<<11  2018/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タルトについての決心 その2


全ては飼い主次第。
全ては飼い主の判断・・・

私が『Yes』といえば YES!! 『NO』といえば NO!! なんですよね。

だからこそ迷う、、、もしヘルニアが出て、手術できなくて最悪のパターンになったら?
きっと後悔するだろうなと。。。

でも、ヘルニアが出ちゃいけないからとできるだけ安静にして過ごさせてもそれでも出たら?
それならもう少し遊ばせてやればよかったって思うだろうな・・・と。



仮にヘルニアが出てしまった場合、軽度ならかかりつけの獣医さんでもいいのだけど、
手術がいるようなことになれば、その病院を確保しておかないといけない。

なので以前から、
 ブリーダーさんから、
とても勉強熱心な獣医さんが広島にいるから、
「何か困ったときには訪ねたらいいよ」と教えていただいていたのと、
同じブリーダーつながりのお友達からもおすすめいただいていたので、訪ねていきました。

いろんな先生のご意見をお聞きして決めたいと思って・・・
しかもここは再生医療もやっていて、ヘルニアの子で効果が出ている報告もされていたので、
そのことについても相談したくて行ってきました。

お医者さんの数だけ 考え方があって・・・
聞けば聞くほど迷う(笑)というのもあったのだけど・・・
まずここで言われたのが、「急性脊椎軟化症はダックス特有の病気なんじゃないかと自分は思っています」と。
(実は私も色々調べてみたけど、コーギーでなった子の話は見つけられなかった)

かなりたくさん私の質問に丁寧に答えてくださった。
(ほかの皆さんに迷惑が掛かってはと、空いてる時間に予約を入れたいとお願いしておいたので、
昼休憩前の時間に予約を取ってくださって・・・そらのことも含め 合計2時間半くらい滞在してました^^;)

タルトにはサプリは飲ませない方がいいと言うことや、
(何が石灰化の原因になっているかわからないからみたい)
そして、靭帯もできるだけ完全断裂にならずに済むように暮らした方がいいということ。

それから、ここの先生がヘルニア手術が必要になった患者さんに対して紹介してる病院が県内に3件あること。
(1件はうらんが行ったことがある病院。もう一つはそらが歯でお世話になったとこ。3件目は、気難しいけど腕は確か!設備も整ってる病院だった)
県内で、もしもの時に駆け込める病院が確保できたことが一番ほっとしました。


私が、タルトにとって何が一番の幸せなのか悩んでいます。と事前にメールに書いていたので・・・
一緒に色々なことを考えてくださったのだけど、、、

タルちゃんは今でも十分に幸せだと思いますよって言ってくださった。
(私が心配のあまり、あちこち病院へ連れてったりしてるからね。
そんな飼い主はなかなかいませんって言われました^^;)

結果、ここの先生は、
タルトのその日の体調を見ながら、遊び方や遊ぶ量は考えてやればいい。
キレ走りも・・・お友達わんことの追っかけっこもさせないというのはかわいそうなので、加減しながらねってことに。







そして、ここの病院でお世話になったことを、ご紹介くださったブリーダーさんに、
タルトの近況も一緒にお話ししました。

実は私・・・ブリーダーさんに対してもちょっと気になっていたことが、、、
「絶対に大切にします!」って言って、無理言って尻尾残してもらってタルトをもらってきたのに、こんなことになってしまって、、、
無理させてヘルニアが出て麻痺が、、、とか悪化して若くして亡くなったなんてことになったら申し訳ないなと。
だから何がいいのかと答えが出なかったんです。

っが、それを察してくださったばぁばから、
タルちゃんがいろんなことを我慢して例えば16歳くらいまで長生きしても・・・
それはタルちゃんにとっての幸せとは言えない。
タルちゃんはすでに楽しいことをたくさん知ってるから・・・
タルちゃんが楽しいことをした結果、短命だったとしても・・・それは幸せなんだと思うよ。
だからタルちゃんが満足できることをしてあげてねって。
ストレスが一番、寿命を縮めるから・・・って言ってくださった。

私の肩の荷がすーーっと取れた気分ε=( ̄。 ̄;)フゥ


っで、決めました!!

出るか出ないかわからないヘルニアを恐れて、何もさせないことがタルトの幸せではない!!
なので、キレ走りしていい!
お友達とランでヒャッホーもしていい!
海や川で泳ぐのもいい!!
(これはそらの後ろ足にもいいようで、2ぴきが負担なく遊べるからおすすめされました)
山登りもする!!
アジは・・・AランプとスラとU字トンネルはよくないみたいなので、直トンがコースにある時に、
皆さんの検分の合間にちょっとだけさせてもらうのはOK!

全てはタルトのコンディションを見ながら。

させてやろうと思います。


なので、水遊び、さそってください!!
お出かけも さそってください!!(笑)

スポンサーサイト
タルトについての決心 その1

4月上旬の出来事、服従のレッスンにてなんてことない動きに対して、
過剰なまでに反応したタルト。
あまりの豹変っぷりにびっくり、手が傷だらけ(´;ω;`)ウゥゥ

タルトらしくない反応・・・
どうやらその動きに対して嫌なことがあったみたい。
似たようなほかの動きに対しては全くされるがままなところをみると、
ホント その動きにだけなんらかのトラウマができたんじゃないか?ということになった。

預けるしかなかったから仕方ないのだけど・・・
おそらく、病院での検査で、タルトなりに嫌な思いをしたっぽい><
大げさまでなビビりちゃんなのに、
ここんとこの病院続きで注射も怖がるようになっていたし・・・
痛いところを見つけるために、ちょっと嫌なこともするようなのでエリカラさせてくださいね。とは言われてまして・・・
きっと そんなにひどいことされてないんだと思うのだけど、
それでもタルトには怖かったのだと、再診でまた診てもらったから思い出したのかな~^^;
(あくまで想像ですが)


考えれば、もう12月からずっとボール遊びも、
思い切り走ることも封印していて・・・
お散歩も様子を見ながらだったし、
大好きなお友達と一緒に練習もできなくなり、

どひゃーっと走ることが大好きなタルにとってはストレスフルなことばかり。。。
そのストレスも溜まりに溜まって爆発したんだなと感じた。

ずっとずっと我慢してたんだと思えば、
タルがとても不憫になり、、、ほんと最近の私、よく泣きます(笑)


どこまでさせてやろうか・・・
どこからなら これもタルの運命だ!と思えるのか、
考えても考えても答えが見つからない状態でした。


スクールの先生とも相談しながら、
もう少しストレス発散してやれることがあるんじゃないか?
タルトにとっての楽しみをもう少し持たせてやれないか?と考えて・・・

少しくらいならアジリティーの動きを!
Aランプやスラロームは負担が大きいと思うから除外して、
バーを下げさせてもらえば気分転換程度にしてやれないか?と考え、
もう一度 名古屋の先生に問い合わせてみました。


陰山先生に代わり、女医さんがお返事をくださったのだけど・・・
それは医者として当然のお返事が返ってきた。

若年で石灰化してる子は、ヘルニアも重度なのが出ることも多く、
運悪くグレード5で出た場合、手術不可能な上、
もっと最悪なのが、急性脊髄軟化症を発症して2週間以内に死に至る。
(ただ、コーギーではあまり聞いたことがないんですがとは言われてました)

これは最も最悪なケース。


ラッキーなケースとしては、
石灰化を持ちながらヘルニアも出ず、一生を終えられることもある。

何とも言えませんが、リスクを考えると、あまり激しい遊び方は医者としてはおすすめできないんです。
テンションが上がりすぎる遊びは、ヘルニアが出ても痛みを忘れて遊び続け・・・
気づいた時には重症になってることもあり得るので、
ボール遊びなども興奮してくる手前でやめるのがいいですよって言われました^^;
(私は陰山先生とは多少ニュアンスが違うんじゃないかと思ってます^^;
女医さんはどちらかというとシビアな話をズバッというタイプ)


ただ、手術不可能って言葉や、死に至るって言われたことがかなりショックで・・・
かなり動揺してしまった><



長くなるので続く
タルトの再診。


3月5日、タルトの再診を受けに、名古屋まで行ってきました。

今回はついでに旅行も絡めて、約一週間の旅・・・
そらも一緒に、母も途中まで一緒に行った旅の記事はまた書くとして、、、

まずはタルトのことを。


前回、初めて受診したとき・・・
初診ということ、混雑していたこともあり、かなり待ち時間があったりしたので、
今回は予約代かかるけど、予約をとって行ってきました!

タルちゃん実は・・・この一週間前くらいから跛行がおさまりすこぶる調子がいい。
毎日毎日色々と試してみて、長距離を散歩してみたり、そらと一緒に散歩してみたりしてどうなるか?
アプリを使って距離を測りながら、記録をつけながらの毎日を過ごしていました。
結構激しくはしゃいでしまった時があったんだけど、その夜も平気で・・・
暖かくなってきたからかな?と思ってみたり、よくわからないのだけど跛行を見なくなっていて・・・

タルトの中でどんな変化が起こったのだろう?って、
それは名古屋でもう一度診てもらって、レントゲン撮ってもらってじゃないとわからないので、
今回もやっぱり連れてって良かったって思ってます。




陰山先生は今回もとても丁寧に診察してくださり、
丁寧に説明をしてくださいました。
それを今回は許可を得て、動画撮らせてもらい・・・
一度聞いただけじゃ理解できなかったことを何度も聞きなおし、
私なりに色々と調べてより詳しく意味が分かったって感じ^^;

タルトの今回の跛行の原因は、
腰仙椎からくるものとみてほぼ間違いないでしょうとのことでした。
今回の触診でも、やはり一番痛がったのは腰仙椎を押してみた時のようで、
膝か?腰か?前回はまだ判断しきれなかったそうですが、原因が確定しました。

私も、前回から色々と調べ、質問したいことをたくさん溜めていたので、
疑問に思ったことをひとつひとつ聞いていきました。

腰仙椎は圧痛ということだったので、押さえたりしなければ痛くないのではないか?ってこと。
確かに、押さえなければ痛みは感じないはずだとのこと。
たくさんジャンプをしたり、走り回ったりで負担がかかりすぎた時に多少痛みが出るかもしれないけれど、
腰に関して言えば、日常生活レベルでは全く問題がなく、
過度にしすぎなければお友達と走らせてやったり、山登りなどもしていいってことに。
もしまた跛行が出るようなことがあれば、痛み止めを飲ませ、数日おとなしく過ごさせてやればいいですよって。
非ステロイドの痛み止めは、常備薬として持っておいて ひどい時に使ってあげていいと言われました。

たびたび出ていた寝起きの跛行は、歩き初めに違和感を感じてびっこになるのかもしれないと。
それは、人間でも寝起きにちょっとってなることがあるのと同じだからあまり気にしなくていいんですって。
しかも、腰仙椎は慢性的な痛みにはならず、一時的に出る症状で・・・
仮にひどくなったとしても痺れなどの症状にはならないのだそうで、経過観察となりました。


そして膝・・・
レントゲンでも、関節炎の症状などに全く変化がなく、悪化してる様子も見られないので、
膝もこのまま経過観察でいいでしょうって言われました。



今回、一番言われたのが、椎間板の石灰化のこと。
陰山先生がおっしゃる感じでは、
膝よりも腰よりも心配の種みたいです><

椎間板の石灰化が3歳という年齢ですでに起こっているのは、タルトの体質なのだそうですが、
この石灰化してる位置がどうも悪いらしい><
下の方だったらそうでもないんだけど・・・・って言い方をされて、
胴の真ん中よりちょっと上の位置なんですが、
ここの位置がヘルニアになると、症状が重症な場合が多いんだとか><
椎間板が石灰化してる子は7歳くらいまでに発症するコトが非常に多く、
これから4年間、ヘルニアには注意してくださいって言われました。

ただ・・・こればかりはこれといった予防策がないそうで(体重増加させないことと、フローリングNGくらい)、
症状が出た時に速やかに対処するコトなのだそうです。
ナックリングや、
酔っ払いみたいな歩き方、
寝る体制ができず座ったまま息があがったりしたらほぼヘルニアとみて間違いないから、
すぐに病院へ連れてってくださいって言われました。


マッサージは?
温熱療法は?
針は?
筋力を落とさないようにしてやることはヘルニア予防に効果がありますか?って聞いてみたけど、
あんまり関係ないかなって^^;

整体は?ってことも聞いてみたけど、「お勧めできないかな~」って^^;
一日に何十頭も触診してる僕でも、触診だけでは判断できないからレントゲン撮って確認するからね~って。
そう言われちゃうと確かにそうだなって。。。

ヘルニアはいつ出るかはわからないもので、
寝てて起きた時に出るかもしれないし、家で静かにしてる時にでることもあるくらいだから、
特別何かセーブさせなきゃいけないってことでもないということで、
すべて経過観察ということになりました。

問題は症状が出た時・・・
症状の程度によって、ステロイドで済むかもしれないし、グレードが高ければ手術。。。
処置が遅れれば麻痺などが残るかもしれないものなので、いかに早く判断するか・・・
なのですが、問題は広島に・・・ヘルニアに強い先生がいるか?ということ><

陰山先生に、広島で誰かいらっしゃらないか?と聞いてみました。

たまたまここ最近、広島で学会があったそうで、「ぼく、広島へ行ってたんですよ~」って^^
整形で骨折に強い先生は教えていただきましたが・・・
ここが神経系の手術をどれくらいされてるかはわからないなって><
確かに、広島で整形といえばここ!って聞くけど、
ヘルニアの手術はどうなのだろう・・・ってことはわからない><
名古屋がもっと近ければな~。

症状が軽度だった場合、かかりつけの先生でもいいのかもしれないけど・・・
重度だった場合のことも想定して、駆け込む病院を考えておかないといけないって思ってます。


そんな心配をしながらも・・・
今の私、みんなが競技会へ行っての報告記事をみて、

私もアジがしたくてたまらなくウズウズ(〒_〒)ウウウ
アジリティーが好きだったのは、そらよりもタルトよりも私だったんだなって><
一緒に体動かして、汗かいて・・・うまくできなかったことが練習してできるようになって・・・
それが楽しくてたまらなかったのにできないなんて 悲しすぎる。。。と未練タラタラ^^;

タルトを危険にさらすわけにはいかないので、できないことは分かってるけど・・・
あー退屈すぎると思ってしまう自分が。。。刺激がなさすぎる。。。

とりあえずタルちゃん、日常生活での運動制限が解除になったので・・・
さっそく オビ練でレッスン復活することに!!

私はラリオビをハマるほど楽しめるようになるのかな?
ぼくちゃん、かな~り人目が気になる“気もそぞろくん”なので、苦労する予感^^;




タルト 3歳



お誕生日をちょっとすぎた休日に…
タルのお誕生日ディナーをしてやりました。

もちろん、タルのものはそらのもの~なのでそらも一緒(お部屋は別々(笑)



いつもいつも心配してくださってるタルトの兄弟のママのお心遣いで届いたウマウマと供に。

ちょっとやっぱりぽっちゃりしちゃったので、
ノンカロリーな寒天でケーキ作ってやりました。

ここはお約束の タルト仕立てで(笑)

プレートディナーにする時のお楽しみ…
『何から食べるのか?』




タルちゃんはケーキをまず丸呑み
一応、手間暇かけて作ったんですけど。。。
味わってちょーだい

動画貼り付け。

そらはなかなか面白い。
おやつなら手ごとガブーって食べにくるのに、
プレートディナーにするとちょっと控えめ。
しかも、お肉とかケーキではなく…まず野菜(笑)
そして三角食べなんかもしちゃったりして(笑)
見てて面白い(笑)



動画貼り付け


FBに上がってくる過去記事…
去年の福山から1度デビューしたんだって。
やっとまともにコース走れるようになって一年で引退だなんて、やっぱり切ないな~と思ってしまう。
意欲もあって、楽しそうで、バー落下もしないこだったんだもん。まだまだ、やりたかった~←と時々未練がのぞく(笑)


今のタルト。
お散歩は普通に、階段の上りがないコースを選んで速歩な30分以上を出来るだけ歩かせてます。
(私の仕事時間によって短い日もあるけど)
油断して道端に寄ったら、真冬の側溝で水遊びなんてされた日もあって…
(帰ったら濡れた服、凍ってた
そんな日はちょっとはしゃぎ過ぎて、寝起きのびっこがひどく出ちゃったりもありますが、薬は飲まず暮らせてて…
(跛行は一瞬だけのことだから、飲ませるべきかの判断に迷うんです)

お散歩の距離が伸びただけでルンルンしてくれてるし、参加したクリッカーレッスンでもウハウハしてたから、きっとタルちゃんはアジじゃなくても何かできるってことだけで楽しいんだよね~と言うことは、見ていてよくわかる(笑)

だから、もうちょっとアクティブに動けるようになったら、あちこちお出かけするぞーとも思う。
今までは 練習を取るか?お出かけを取るか?天秤にかけて…出来るようになる為には、練習しなきゃ無理って思ってレッスン第一だったけど、
これからは時間にとらわれず遊べると言うことで(笑)

3歳のタルトも、出来る範囲で挑戦して、
可能な限り遊びまくって楽しい3歳にしてやろう!
タルトの問い合わせ その2


1月17日…タルト3歳の誕生日。
(お誕生日っぽいことまだしてないのでw楽しい記事はまた後ほど)

本来なら遊び盛り、思い切り走り回ってヒャッホーな年齢。。。
親分としてはとても切ない気持ちで迎えてしまったタルちゃんのお誕生日

せめてちょっとくらいは楽しいことを!
と思い、お友達のお家へお邪魔してきました。

タルちゃん、久しぶりに会うお友達ママに大興奮して大喜び
「タルちゃん」って言われるだけでチューしにいくし、
目がチラッとでも合うだけでチョップ食らわし飛びついて大喜び(笑)

見た目はとっても元気なんだよな~って思うんですけどね(^_^;)
相変わらず、寝起きの跛行は治らず。
痛み止めによる対症療法で様子を見る1カ月が終わったので、名古屋の病院に報告と、今後のことについての問い合わせ
とてもお忙しい先生なので、いつも折り返し電話は夜にかかってくるのだけど、
この日はいつまで待ってもかかってこず。。。

いつも聞きたい質問をスタッフの方に伝えておくので…
タルのデータを見ながら検討するのに時間がいるんだろうな~と思ってました。
休診日に突入してしまったので、休み明けにもう一度電話をかけてみました。
(新たに聞きたい質問が浮上したのでそれも伝えておく)

すると、夕方…お家にたどり着く一歩手前でかかってきた
バスの中だった為、5分後に折り返させてもらうことをお願いしてダッシュで帰り電話。

電話をかけるとワンコールで院長が出てくださった。
本当に電話の前で待っててくださった感じで申し訳なかったな(^^;;

タルの状況はスタッフさんに伝えてあり、先生にも伝わってるようだったけど、もう一度詳しく状況を伝えた後、ひとつひとつ説明してくださった。

私はタルトの跛行は左足のみなので、膝の方が悪いんだと思い、膝のことに関して色々と調べていました。
それによると、パテラで、前十字靭帯を痛めてる子は…パテラがあることで前十字靭帯の損傷が悪化しやすいということ。
悪化すれば今度は、半月板の損傷にもつながること。
パテラもグレードが上がれば、手術しても効果が出なくなってしまうこと。
などがあって…もたもたしてるうちに酷くなるんじゃないかということが心配でした。

先生が言われたのが、タルトは12月に診ていただいた時の触診で1番痛がっていたのは腰だったんだそうです。
膝にも違和感は感じているようだけど、1番痛みを感じてるのは腰仙椎だと。
今の跛行の原因が、腰からなのか?膝からなのか?見極めるために、痛み止めを飲みながら経過を見たかったのだと言われていました。
痛みが腰からだったとしても、片足だけに跛行が見られることはあり得る話だそうで…

パテラがあることで前十字靭帯が悪化するということは内方脱臼の子にはあることだそうですが、
タルトの場合は外方脱臼の方だから、前十字靭帯の損傷とは全く関係がないのだそうです。
そして、コーギーとダックスの場合、部分断裂したまま悪化しないまま暮らせることも多いから様子を見たいのだといわれていました。
もし仮に、部分断裂から完全断裂に移行した場合は手術するし、
その手術が遅くなったとしても、術後の経過は全く変わらないから心配ないよってことも。
↑それを聞いて私、とってもホッとした^^

そして先生は、
私がタルトはまだ若くて遊びたい盛りの子なので、
普通に走ったりできるところまで治してやりたいという気持ちを汲んでくださっていて、

跛行が腰からの原因なのに、膝を手術してしまっても意味がないことになるので、
タルトが今後あと10年は元気に暮らしていけるようにしてやりたいから、
焦って誤った診断をしないためにも経過をみさせてくださいと言ってくださいました。


痛み止めを飲みながらの一か月が終わり・・・
「タルト、飛びついたりしますか?」って聞かれたので、
「普通に飛びつきます! 油断すると切れ走りも始めるのでやめさせるのが大変で」
っていうと、(痛ければ飛びつかないはずだから)
「運動制限を日常レベルまで戻して様子をみましょう!」
ということになり・・・
ボール遊びと階段の上りはまだダメだけど、
お散歩の距離を伸ばしたり、ランニングを少しずつ取り入れたりしてみて悪化するのか?変化なしなのか?を見てみることに。

先生はいつも、遠いから・・・ってことを気にしてくださってる様子だったので、
必要ならばもう一度そちらに伺えます!っていうとホッとされた口調で^^;
「運動制限を戻して一か月ほど様子を見てから・・・2月下旬か3月上旬あたりに診せてください」ってことに。
(絶対 遠隔での診断って先生としてみたらしたくないよなって思ってました^^;)


実は私・・・
手遅れになってはいけないと思うがあまり、ほかの病院へ行くことも視野に入れて動いていました><

が、今回、より詳しく話をさせてもらえたことで、
私がタルトを元気に走り回れるようにしてやりたいと思う気持ちと同じように、
先生もタルトを治してやりたいと思ってくださっていることを身に染みて感じたので、
タルトをお願いできるのは陰山先生しかいないと思いました。
簡単に通える距離ではないけど・・・頑張って連れていく甲斐はかなりある!!

そして いつも電話をして思うのだけど・・・
私が質問したいことの一言一句、ちゃんと先生に伝わってるんです。
一言一句聞き漏らさないようにメモに取って伝えてくださるスタッフの方、ほんとにすごい!!
わんこを大事に思ってくれて、わんこを思う飼い主の気持ちも大事にしてくれるあの病院に感謝です。

まだまだ復活への道のりは長いかもしれないけど、前進したことは事実!!
これはタルちゃんへのお誕生日プレゼントになるかな?


プロフィール

nao

Author:nao
親分・・・アトム改めnao(♀)

子分1 うらん(♀)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  1999.6.1~2014.9.3
     (DMかな?
      老衰かな? 15歳3ヶ月没)
出生地  呉市

子分2  そら(♀)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  2008.8.24
出生地  サクラソーケンネル
     ユウジパパ×ローズママ

子分3  タルト(♂)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  2015.1.17
出生地  バーミーウィンズ
     ディランパパ×ソフィーママ

フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。