FC2ブログ
<<02  2018/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タルトの再診。


3月5日、タルトの再診を受けに、名古屋まで行ってきました。

今回はついでに旅行も絡めて、約一週間の旅・・・
そらも一緒に、母も途中まで一緒に行った旅の記事はまた書くとして、、、

まずはタルトのことを。


前回、初めて受診したとき・・・
初診ということ、混雑していたこともあり、かなり待ち時間があったりしたので、
今回は予約代かかるけど、予約をとって行ってきました!

タルちゃん実は・・・この一週間前くらいから跛行がおさまりすこぶる調子がいい。
毎日毎日色々と試してみて、長距離を散歩してみたり、そらと一緒に散歩してみたりしてどうなるか?
アプリを使って距離を測りながら、記録をつけながらの毎日を過ごしていました。
結構激しくはしゃいでしまった時があったんだけど、その夜も平気で・・・
暖かくなってきたからかな?と思ってみたり、よくわからないのだけど跛行を見なくなっていて・・・

タルトの中でどんな変化が起こったのだろう?って、
それは名古屋でもう一度診てもらって、レントゲン撮ってもらってじゃないとわからないので、
今回もやっぱり連れてって良かったって思ってます。




陰山先生は今回もとても丁寧に診察してくださり、
丁寧に説明をしてくださいました。
それを今回は許可を得て、動画撮らせてもらい・・・
一度聞いただけじゃ理解できなかったことを何度も聞きなおし、
私なりに色々と調べてより詳しく意味が分かったって感じ^^;

タルトの今回の跛行の原因は、
腰仙椎からくるものとみてほぼ間違いないでしょうとのことでした。
今回の触診でも、やはり一番痛がったのは腰仙椎を押してみた時のようで、
膝か?腰か?前回はまだ判断しきれなかったそうですが、原因が確定しました。

私も、前回から色々と調べ、質問したいことをたくさん溜めていたので、
疑問に思ったことをひとつひとつ聞いていきました。

腰仙椎は圧痛ということだったので、押さえたりしなければ痛くないのではないか?ってこと。
確かに、押さえなければ痛みは感じないはずだとのこと。
たくさんジャンプをしたり、走り回ったりで負担がかかりすぎた時に多少痛みが出るかもしれないけれど、
腰に関して言えば、日常生活レベルでは全く問題がなく、
過度にしすぎなければお友達と走らせてやったり、山登りなどもしていいってことに。
もしまた跛行が出るようなことがあれば、痛み止めを飲ませ、数日おとなしく過ごさせてやればいいですよって。
非ステロイドの痛み止めは、常備薬として持っておいて ひどい時に使ってあげていいと言われました。

たびたび出ていた寝起きの跛行は、歩き初めに違和感を感じてびっこになるのかもしれないと。
それは、人間でも寝起きにちょっとってなることがあるのと同じだからあまり気にしなくていいんですって。
しかも、腰仙椎は慢性的な痛みにはならず、一時的に出る症状で・・・
仮にひどくなったとしても痺れなどの症状にはならないのだそうで、経過観察となりました。


そして膝・・・
レントゲンでも、関節炎の症状などに全く変化がなく、悪化してる様子も見られないので、
膝もこのまま経過観察でいいでしょうって言われました。



今回、一番言われたのが、椎間板の石灰化のこと。
陰山先生がおっしゃる感じでは、
膝よりも腰よりも心配の種みたいです><

椎間板の石灰化が3歳という年齢ですでに起こっているのは、タルトの体質なのだそうですが、
この石灰化してる位置がどうも悪いらしい><
下の方だったらそうでもないんだけど・・・・って言い方をされて、
胴の真ん中よりちょっと上の位置なんですが、
ここの位置がヘルニアになると、症状が重症な場合が多いんだとか><
椎間板が石灰化してる子は7歳くらいまでに発症するコトが非常に多く、
これから4年間、ヘルニアには注意してくださいって言われました。

ただ・・・こればかりはこれといった予防策がないそうで(体重増加させないことと、フローリングNGくらい)、
症状が出た時に速やかに対処するコトなのだそうです。
ナックリングや、
酔っ払いみたいな歩き方、
寝る体制ができず座ったまま息があがったりしたらほぼヘルニアとみて間違いないから、
すぐに病院へ連れてってくださいって言われました。


マッサージは?
温熱療法は?
針は?
筋力を落とさないようにしてやることはヘルニア予防に効果がありますか?って聞いてみたけど、
あんまり関係ないかなって^^;

整体は?ってことも聞いてみたけど、「お勧めできないかな~」って^^;
一日に何十頭も触診してる僕でも、触診だけでは判断できないからレントゲン撮って確認するからね~って。
そう言われちゃうと確かにそうだなって。。。

ヘルニアはいつ出るかはわからないもので、
寝てて起きた時に出るかもしれないし、家で静かにしてる時にでることもあるくらいだから、
特別何かセーブさせなきゃいけないってことでもないということで、
すべて経過観察ということになりました。

問題は症状が出た時・・・
症状の程度によって、ステロイドで済むかもしれないし、グレードが高ければ手術。。。
処置が遅れれば麻痺などが残るかもしれないものなので、いかに早く判断するか・・・
なのですが、問題は広島に・・・ヘルニアに強い先生がいるか?ということ><

陰山先生に、広島で誰かいらっしゃらないか?と聞いてみました。

たまたまここ最近、広島で学会があったそうで、「ぼく、広島へ行ってたんですよ~」って^^
整形で骨折に強い先生は教えていただきましたが・・・
ここが神経系の手術をどれくらいされてるかはわからないなって><
確かに、広島で整形といえばここ!って聞くけど、
ヘルニアの手術はどうなのだろう・・・ってことはわからない><
名古屋がもっと近ければな~。

症状が軽度だった場合、かかりつけの先生でもいいのかもしれないけど・・・
重度だった場合のことも想定して、駆け込む病院を考えておかないといけないって思ってます。


そんな心配をしながらも・・・
今の私、みんなが競技会へ行っての報告記事をみて、

私もアジがしたくてたまらなくウズウズ(〒_〒)ウウウ
アジリティーが好きだったのは、そらよりもタルトよりも私だったんだなって><
一緒に体動かして、汗かいて・・・うまくできなかったことが練習してできるようになって・・・
それが楽しくてたまらなかったのにできないなんて 悲しすぎる。。。と未練タラタラ^^;

タルトを危険にさらすわけにはいかないので、できないことは分かってるけど・・・
あー退屈すぎると思ってしまう自分が。。。刺激がなさすぎる。。。

とりあえずタルちゃん、日常生活での運動制限が解除になったので・・・
さっそく オビ練でレッスン復活することに!!

私はラリオビをハマるほど楽しめるようになるのかな?
ぼくちゃん、かな~り人目が気になる“気もそぞろくん”なので、苦労する予感^^;




スポンサーサイト
プロフィール

nao

Author:nao
親分・・・アトム改めnao(♀)

子分1 うらん(♀)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  1999.6.1~2014.9.3
     (DMかな?
      老衰かな? 15歳3ヶ月没)
出生地  呉市

子分2  そら(♀)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  2008.8.24
出生地  サクラソーケンネル
     ユウジパパ×ローズママ

子分3  タルト(♂)
犬種   ウェルシュコーギー・ペンブローク
誕生日  2015.1.17
出生地  バーミーウィンズ
     ディランパパ×ソフィーママ

フリーエリア
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。